このページはHOMEの中の aunno.マガジンの中の4K対応スクリーン です。

4K対応スクリーン(第3章)

「4Kとは?(第1章)」、
「4Kプロジェクター(第2章)」に続き、
本章は「4K対応スクリーン」を紹介いたします。

#プロジェクター#スクリーン

2019.05.17

「スクリーンなんてどれでも一緒っしょ。」なんて悲しい事は言わないで・・・
老舗スクリーンメーカーのこだわり、オーエスマーケティングDiv.に書いてもらいました。

「4Kプロジェクターをサポートする4K対応スクリーン」

モアレ

解像度が高くなり、映像を紡ぎだすドット(画素)が小さくなると、スクリーン表面の凹凸が見えることがあります。またその凹凸の影と画素が作り出すモアレも防ぐ必要があります。
スクリーンの表面はできるだけ滑らかに凹凸を見せず、しかも照り返し(ホットスポット)を押さえて、プロジェクターの持つ個性を最大限に引き出しましょう。

モアレ

ピュアマットⅢCinema(WF302)
モアレを防ぐ高精細な幕面。ランダムに織られたファブリックがくせのない特性を生み出し、プロジェクターの個性を引き出します。3°ゲイン1.0の完全拡散型最高ゲインを持つスクリーンです。

WFプロ(WF801)
ピュアマット204(WF204)を防炎加工し、不特定多数の人が集まる公共施設やスポーツ(ミュージック)パブなどに向けて設置を可能にしたスクリーンです。3°ゲイン0.97でパブリックビューイングには最適。

WF生地

(オーエスマーケティングDiv.)

4Kプロジェクターだからと言って、
必ず4K対応スクリーンでなければいけない事はありませんが・・・実に勿体ない!
是非とも、実力を引き出す4K対応スクリーンを使っていただきたい。
次回は、4K HDRの「HDR」についてご紹介いたします。


前のページ12 | 3 | 45次のページ

<関連記事> 4Kとは?4Kプロジェクターの種類(方式)/ 4K対応スクリーン/ HDRとは?4Kプロジェクターを快適に見るために

そんな、4Kプロジェクターの「2018 世界シェアNo.1ブランドOptoma」の
「Optoma UHD60」「Optoma UHD65」を絶賛販売中!!

夜景

(aunno.onl アウンノオンライン)杉田英司

UHD60

4K UHD HDR対応 DLP プロジェクター Optoma オプトマ UHD60

【5台限定・大特価】: 206,000円 (税込222,480円)

ご注文はコチラ(ショッピングへ)

UHD65

4K UHD HDR対応 DLP プロジェクター Optoma オプトマ UHD65

価格 : 403,510円 (税込435,790円)

ご注文はコチラ(ショッピングへ)

SEP

電動スクリーン OS オーエス SEPシリーズ(4K対応 WF302)

262,600円 (税込283,608円)~

ご注文はコチラ(ショッピングへ)

STP

サイドテンション電動スクリーン OS オーエス STP(4K対応 WF302)

382,600円 (税込413,208円)~

ご注文はコチラ(ショッピングへ)

PA

張込スクリーン OS オーエス PAシリーズ(4K対応 WF302)

272,600円 (税込294,408円)~

ご注文はコチラ(ショッピングへ)

STP

電動スクリーン OS オーエス STP(4K対応・HDR適合 レイロドール)

422,600円 (税込456,408円)~

ご注文はコチラ(ショッピングへ)

PA

張込スクリーン OS オーエス PA(4K対応・HDR適合 レイロドール)

322,600円 (税込348,408円)~

ご注文はコチラ(ショッピングへ)

ページトップへ